1. Home>
  2. コースガイド

コースガイド

 

HOLE YARDS PAR HDCP
BACK REGULAR
1 505 489 5 5
2 142 129 3 15
3 357 339 4 1
4 114 108 3 17
5 542 530 5 3
6 324 313 4 13
7 342 330 4 11
8 370 356 4 7
9 155 138 3 9
OUT 2851 2732 35  
HOLE YARDS PAR HDCP
BACK REGULAR
10 510 495 5 2
11 335 314 4 18
12 398 374 4 8
13 175 155 3 6
14 378 358 4 4
15 498 487 5 16
16 138 127 3 14
17 373 349 4 12
18 160 145 3 10
IN 2965 2804 35  
OUT 2851 2732 35  
TOTAL 5816 5536 70  

No.1 PAR 5 HDCP 5

YARDS BACK REGULAR
505 489

 

左ドックレッグのロングホール。ティーショットはフェアウエイ左狙い。
距離に自信があれば左の林ギリギリを狙うのも可能。
2打目はグリーン左手前のフェアウエイに窪みがあるので、右の斜面を利用するくらいの気持ちで。


ページの一番上に戻る

No.2 PAR 3 HDCP 15

YARDS BACK REGULAR
142 129

 

距離は短いが周囲のバンカーがプレッシャーをかける。
特にグリーン手前と右のガードバンカーが効いているので、高いボールで直接グリーン攻める必要がある。
ピンが左にあるほど距離が長くなることも頭に入れておくように。


ページの一番上に戻る

No.3 PAR 4 HDCP 1

YARDS BACK REGULAR
357 339

 

ティーショットは打ち下しで、右サイドはOB。
狙いはフェアウエイ中央にある木の左サイドへショットしたい。
2打目は打ち上げとなり、グリーン面が見えないので、1クラブ大き目のクラブを選び、
ティーショットからオンするまで気をぬけない難ホールである。


ページの一番上に戻る

No.4 PAR 3 HDCP 17

YARDS BACK REGULAR
114 108

 

グリーンは大きいが、微妙なアンジュレーションがついており、さらに手前と奥ではクラブの選択に気をつかう。
クリーンの周りはバンカー、グラスバンカーに囲まれており、
ティーショットでピンになるべく寄せていこう。


ページの一番上に戻る

No.5 PAR 5 HDCP 3

YARDS BACK REGULAR
542 530

 

池とバンカーの調和が美しい、右ドッグレッグのロングホール。
第一打は右の斜面狙いで、ショット次第では距離的に2オンも可能。
しかしグリーン手前に池があり、無理せず手前で止めるのがポイント。


ページの一番上に戻る

No.6 PAR 4 HDCP 13

YARDS BACK REGULAR
324 313

 

距離の短いミドルホール。
ティーショットはフェアウエイやや左を狙いセンターにころがり出るのが理想。
ロングヒッターなら、フォローだとグリーン近くまでいくが、フェアウエイ中央のバンカーには充分注意しよう。


ページの一番上に戻る

No.7 PAR 4 HDCP 11

YARDS BACK REGULAR
342 330

 

直角な右ドッグレッグのミドルホール。
ティーショットは正面のバンカー手前に止める。
ティーからバンカーまで155ヤード。
グリーンはおわん形でオーバーしやすいので注意。


ページの一番上に戻る

No.8 PAR 4 HDCP 7

YARDS BACK REGULAR
370 356

 

右ドッグレッグのミドルホール。
グリーン手前は3つのバンカーでガードされ、花道を閉ざしているので、アプローチはキャリーで。
しかし、グリーンは奥へ順目でショットが止まりにくい。


ページの一番上に戻る

No.9 PAR 3 HDCP 9

YARDS BACK REGULAR
155 138

 

池越えのショートホール。ティーからグリーン手前までが池。
左右がOB。グリーンは大きくピンの位置によってクラブも方向も違ってくる。
グリーンは奥に順目なので、パッティングは慎重に。


ページの一番上に戻る

No.10 PAR 5 HDCP 2

YARDS BACK REGULAR
510 495

 

難しいロングホール。ティーショットは確実にフェアウエイキープ。
2打目にバンカーの手前に止めるのがポイント。
無理な打ちすぎは全く不必要。
グリーンが奥へ下がっているので、アプローチの落とし場所に注意。

ページの一番上に戻る

No.11 PAR 4 HDCP 18

YARDS BACK REGULAR
335 314

 

距離のないミドルホール。ティーショットは確実にバンカーの右に落とすこと。
グリーン左から手前にかけて下り斜面となり、さらに奥はOB。
セカンドでのひっかけにはくれぐれも注意。
グリーンは大きくピンの位置を考えたクラブ選択を。


ページの一番上に戻る

No.12 PAR 4 HDCP 8

YARDS BACK REGULAR
398 374

 

ティーショットが打ち下しとなる美しいホール。
池に惑わされず左目から攻めていこう。
2打目は打ち上げとなるので、1クラブ大きめに丁寧に乗せていこう。
グリーンは右奥が高くパッティングが難しい。


ページの一番上に戻る

No.13 PAR 3 HDCP 6

YARDS BACK REGULAR
175 155

 

美しいショートホールではあるが、目前の大きな池は見るからに非情。
まず越えることがことが先決で、グリーン奥の土手に当てるつもりで、
大きめのクラブを力まずに振り抜こう。
グリーンはアンジュレーションがきつく、乗せてからも難しい。


ページの一番上に戻る

No.14 PAR 4 HDCP 4

YARDS BACK REGULAR
378 358

 

やや左にドッグし、池越えの続くミドルホール。
左サイドはすべてOB。
さらに左コーナーにバンカーが待ちうけているので、ティーショットの狙い所が難しい。
バンカーの右へ安全に落としていくのが正解。


ページの一番上に戻る

No.15 PAR 5 HDCP 16

YARDS BACK REGULAR
498 487

 

まっすぐなロングホール。
ティーショットはフェアウエイ左側を目標に思い切り飛ばしていこう。
グリーン左手が花道なので、セカンドを左サイドへ打てたら最高。
逆にグリーン右手前のバンカーに入れたら明暗は逆転する。


ページの一番上に戻る

No.16 PAR 3 HDCP 14

YARDS BACK REGULAR
138 127

 

打ち上げのショートホール。左にはOB、グラスバンカーがあり危険。
ピンが左にあっても中央からやや右を狙っていくぐらいの気持ちで充分。
グリーンは大きくピンが手前か奥かで1クラブ異なるので注意。


ページの一番上に戻る

No.17 PAR 4 HDCP 12

YARDS BACK REGULAR
373 349

 

直角に近い右ドッグレッグのミドルホール。
右の林すれすれを狙うのは危険で、もちろん林越えは無理。
ティーショットは距離よりも方向性。
2打目はやや打ち下しなので距離感が重要。


ページの一番上に戻る

No.18 PAR 3 HDCP 10

YARDS BACK REGULAR
160 145

 

かなり高低差のある打ち下ろしのショートホール。
長いグリーンと打ち下ろしとで、距離感はつかみにくい。
風向きにも充分配慮し、慎重なクラブ選択で全てが決まりそうだ。


ページの一番上に戻る